フィリピン留学

フィリピン留学 → 欧米留学という選択肢

皆さんは語学留学を考えたことはありますか?

語学留学と言えば、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどの留学が一般的だと思います。予算に余裕がある方や、かなり英語を学習していてレベルが中級や上級の方であれば最初から欧米留学を勧めます。
しかし、私のように英語初心者やなるべく予算を抑えて英語を上達させたい方であればいきなり本場で学ぶよりもまずはフィリピン留学で英語力に自信をつけてからアメリカなど欧米でレベルアップする選択肢をオススメします。

私自身、フィリピンで半年間初心者レベルから英語を学習して、その後アメリカはニューヨークに半年間留学した経緯があります。その経験を通して感じたアメリカなど欧米留学よりもまずはフィリピンに留学する利点を書かせていただきたいと思います。

まず初めに、一番気になるところが「フィリピン留学で本当に英語が上達するのか?」というところだと思います。
率直に言いますとフィリピン人の英語力は相当高いです。現地の人でも普通に英語が通じます。何故ならフィリピン人は小学校から大学まで英語で授業をします。

ある私の先生はフィリピンでは小さい時から英語を習うので、今は母国語の教育が逆に不十分でそれが問題になっており政府は教育課程の見直しを検討しているくらいと言っていました。そのくらいフィリピン政府は国民の英語教育に力を入れています。

実際に、生徒の中にはアメリカに半年以上留学した後に基礎から英語を学び直したいとフィリピンに来ていた生徒や普段はインターナショナルスクールで学ぶ中国人学生も夏休暇を利用して学びに来ていました。
なのでよほど幼少期から英語ネイティブに囲まれた環境で育った方でない限りフィリピン人の英語力に物足りなさを感じることはまずないです。

NY

更に、フィリピン留学の一番のメリットですが日本の英語教育では伸ばしづらいスピーキングをマンツーマンで徹底的に鍛えることができます。生徒一人に対して先生一人が教えてくれるこんな贅沢な授業スタイルは日本では勿論、グループ学習が主流な欧米留学でもまずあり得ません。

実際、ニューヨークの学校では生徒が数十人いるグループ授業のみで分からないことがあれば授業中に先生に聞くというスタイルでした。とは言うもののみんなの前で質問するので結構勇気が要ります。なのでその場で本当に聞きたかったことを遠慮して聞けなかったりします。
その点、マンツーマン主流のフィリピン留学の授業スタイルは先生にわからないことがあればその場でどんどん気にせず質問できるので学びのスピードも早いです。

次に、フィリピン留学の優れているところは生徒のニーズにあった多様なコースがレベル別で用意されているところです。
フィリピン留学では小さなお子さんから学生や社会人など様々な方が目的をもって英語を学びに来ています。学校ではそれに十分対応できるコースが用意されていました。

私自身、当初は半年間ESLコースで学ぶつもりでしたが、英語が 上達するにつれ先生に別のコースを勧められました。結果、前半の3ヶ月はESLコースで日常会話など基礎的な英語を学び、後半の3ヶ月はTOEFLコースでアメリカの学校でも付いていけるようアカデミック英語を重点的に勉強しました。
またフィリピンの学校ではライティング、スピーキング、リーディング、リスニング各分野に担当の先生がいたので教え方も慣れていて生徒のレベルに合わせて教えてくれます。

一方、ニューヨークの学校では一人の先生が一つのコースでライティング、スピーキング、リーディング、リスニング全部まとめてグループで教えていました。
勿論、先生はベストを尽くしてくれますが生徒一人一人には目が届いていませんでした。数十人いるグループ授業なので自分の名前すら覚えてもらうのに一苦労です。
その点フィリピンではマンツーマンで先生との距離も近いので親身になって教えてくれます。

Philippines

他にフィリピン留学をオススメする理由は、英語の勉強以外にも人として視野を広げることができます。
実際に私がフィリピン留学を選んだ理由の一つがこれでした。

日本や欧米はいわゆる先進国でものに溢れ豊かな生活をしています。一方、フィリピンは発展途上国で先進国に比べまだまだ生活水準が豊かとは言えません。
そしてそういった国の人々の生活ぶりを実際に目の当たりにして知ることで大なり小なり何か考えさせられることがあります。この経験は同じ先進国の欧米留学では経験することはできないです。
そしてその経験は日本に帰国後も、その後に欧米に留学してもどこかで皆さんの糧になって活きてきます。

特に私がフィリピンの後に留学したアメリカは「人種のるつぼ」と呼ばれているくらい様々なバックグラウンドを持った人が移民としてやってきて共に生活しています。
勿論、その中にはフィリピンからの移民の方もいます。私はフィリピン留学をしていたお陰で彼らのルーツの国の話をすることができ、すぐに打ち解けることができました。
今後もフィリピン留学での経験はどこかで活きてくると感じてます。

如何でしたでしょうか?留学と言えば今までは欧米留学が主流だったとは思いますが今回の私の経験談を聞いてフィリピン留学という選択肢もあるということを知っていただければ幸いです。
実際、フィリピン留学の後にニューヨークの学校ではレベル別テストで一番上のコースで英語を学習することができました。クラスメートの中にはニューヨークの語学学校で一年間勉強して同じコースを受けていた生徒もいたので、フィリピンで学ぶ英語でも十分に通用することを実感しました。
なので、これから留学を検討されている方は欧米留学よりも費用も安く利点も多いフィリピン留学を是非選択肢に入れていただければ嬉しいです。

フィリピン留学 クラーク