food ご飯

現地で絶対食べたいフィリピンの定番料理5選!

フィリピン・クラーク留学中に、現地で絶対食べたいフィリピンの定番料理5選!

1.シシグ

細かく刻んだ色々な部位の豚肉(もも、耳、レバー、ハツなど)を紫たまねぎ、にんにくなどと炒めたもの。濃い目の味付けでビールのおつまみとして最高です。
鉄板にジュージューとのって提供され上にのった卵を崩して食べるものもあります。

シシグ

2.ルンピア

中華圏の影響を大きく受けているフィリピンの料理。このルンピアは細めに作られた春巻きです。中の具材は中華料理の春巻きと少し違っていて合びき肉と玉ねぎ、にんじんなどの野菜という組み合わせが一般的のようです。チリソースやしょうゆをつけていただきます。サックサクで止められない美味しさです。

ルンビア

3.クリスピーパタ

 
フィリピンでは豚料理をとても多く食べます。代表的なものとしてはレチョン(豚の丸焼き)がありますが、あくまでもレチョンはお祝のときなどに食べる特別なものでなかなか食べる機会はありません。
クリスピーパタはちょっとしたご馳走という感じです。とはいえ手間はかかっており、まず豚のすねや足をとても柔らかくなるまで煮て、それを周囲がカリカリになるまで揚げるのです。シンプルですがコラーゲンも摂取できる大変人気のあるお料理です。

クリスピーパタ

4.パンシットカントン

パンシットは麺、カントンは広東。フィリピン式中華やきそばです。
フィリピン料理は日本人の口に合うものも多いと思いますが、それでも合わないという場合にもパンシットカントンなら食べ慣れた中華のやきそばとほぼ同じですし、野菜も少し摂れるのでおすすめです。

パンシットカントン

5.フライドライス

日本の炒飯に似ていますがこちらはガーリックが効いています。白いご飯もありますが、やはり日本の白飯のクオリティには敵いません。このパンチの効いたチャーハンはフィリピンならではの味です。

フライドライス

番外.カラマンシーとサンミゲル

そしてどのお料理にも必ずといっていいほどついてくるのがすだちに似たこの小さな柑橘類「カラマンシー」。お料理にかけたり、ソースに絞って入れたり。カラマンシーのジュースも大変人気があります。

カラマンシー

そしてフィリピンのビールといえばサンミゲル。軽い飲み口でどんなお料理とも相性ぴったりです。

サンミゲル

フィリピン留学 クラーク