携帯電話,ネットワーク

これで安心!海外でスマートフォンを使う方法

充実した留学生活!楽しかった海外旅行!

「いい気分で帰国したのに、携帯会社からの高額請求により地獄に落とされた(泣)」
なんて話を聞いたことありませんか?

今回はそれを防ぐための方法と海外でスマートフォンを使う主な方法をご紹介します。
海外でも安心してスマートフォンを利用できるよう、事前にしっかり準備しておきましょう!

海外でスマートフォンを利用するための主な方法

まず初めに、海外でスマートフォンを利用するための主な方法をご紹介します。
どの方法をとるかは、費用や用途に応じてお選びください。

①携帯電話会社の海外用サービスに申し込む

携帯電話会社が提供する定額プランに契約してから渡航すれば、海外でも日本と同じように利用することができます。
日本3大キャリア( NTTドコモ・au・ソフトバンク)のユーザーであれば、 「海外パケット定額」サービスがオススメ。この3大キャリアは、海外パケット定額利用者のためのアプリも用意しています。海外パケット定額サービスに申込んだ場合は、アプリのインストールもしておきましょう。
定額制のためデータ通信に限りがあります。また、通話には個別料金が発生するのでご注意ください。

②海外用モバイルWi-Fiのレンタル

日本で海外用モバイルWi-Fiをレンタルしていけば、海外でも常にインターネットに接続することができます。
スマートフォンだけでなく、PCやタブレットも利用できるというメリットもあります。
モバイルWi-Fiは空港でもレンタル可能。
モバイルWi-Fiレンタル会社は複数ありますので、予算等によってお選びください。

③海外用携帯電話のレンタル

日本で海外用の携帯電話をレンタルしていけば、海外でも常に携帯電話を利用することができます。
渡航先に応じた仕様端末をレンタルできるため、通話や通信品質が良いというメリットがあります。
携帯の受け取りや返却については、日本国内の主要空港カウンターや宅配便で行えます。
海外用携帯電話会社は複数ありますので、予算等によってお選びください。

④SIMフリーの携帯電話を利用

SIMフリーの携帯電話をお持ちの方は、現地でプリペイドSIMカードを購入して差し替えれば使用可能です。
プリペイドSIMカードは現地の空港やショッピングモール等で購入でき、数日用から1カ月用など滞在期間に合わせて選べます。

⑤現地でモバイルWi-fi or 携帯電話を購入

長く滞在する方は、現地でモバイルwi-fiまたは携帯電話を購入するという手もあります。
価格は端末によっても違うので、現地にてご確認ください。

⑥現地のFREE Wi-fiを利用

空港やショッピングモール、ホテルでは無料でWi-fiが利用できます。
仕事の都合等で常に携帯を利用できる状況にしておかなくてはならないという方でなければ、FREE Wi-fiだけで過ごすこともできます。
1週間程度の短期滞在の方の場合は、Free Wi-Fiだけで過ごす方も多いようです。

色々なところに出かけたいという方や長期滞在の方は、滞在中いつでもどこでも携帯電話が使えるようにすることをオススメします。

モバイルデータ通信とデータローミングをオフに設定

なんの手続きも設定もしないまま、海外でネットを利用したり電話を掛けたりした場合、かなりの料金がかかります。
これは当たり前ですよね。

ですが!
日本にいる時と同じ設定のまま(データローミングがオン)になっていると、電話もネットも利用していないのに高額な請求に見舞われる可能性があるんです!!

データローミングとは、契約している携帯電話会社の電波が届かない場所に行った時に、現地の携帯電話会社の電波を利用できる仕組みのことをいいます。
つまり、日本で海外用サービスに申し込んだり、Wi-fiに接続したりしなくても利用はできるのです。
しかし、日本で契約しているプラン(通話料無料やパケット定額)は適用されないため、帰国後に高額な利用料を請求されてしまうことになります。

電話もネットも使っていないにもかかわらず高額な請求になるのは、アプリの自動更新等で知らない間に現地のネットに接続しているから。恐ろしい…
必ずモバイルデータ通信とデータローミング機能をオフにして渡航しましょう。

①設定画面を開き、 モバイル通信(赤枠部分)を選択

携帯,設定画面

②モバイルデータ通信をオフにする

  ※モバイルデータ通信(赤枠)をオフにすると、自動的にデータローミング(黄枠)もオフになる

モバイル通信

③オフにすると、下部にある アプリ一覧に白幕がかかり、上部の4G(赤枠部分)が消える

モバイル通信OFF

※海外パケット定額を利用する場合、 現地で利用する時のみ 「モバイルデータ通信」と 「データローミング」をオンにします。
※現地SIMを利用する場合は、「モバイルデータ通信」をオンにします。
 「データローミング」はオフにする必要があるのでご注意ください。
 データローミングオフは、②の時に 「モバイルデータ通信」ではなく、その下にある「通信のオプション」を選択して設定できます。

機内モードに設定

スマートフォンから発生する微弱な電波は、飛行機や管制に影響を与え、運航に支障を及ぼす可能性があります。
そのため、飛行機に乗っている間は、スマートフォンから電波が発信されない状態になる「機内モード」にしておく必要があります。
搭乗したらまず「機内モード」にするようにしましょう。

設定方法

①設定画面を開き、機内モード(赤枠部分)をオンにする

機内モードON

②オンにすると、上部に飛行機のマーク(赤枠)が表示される

機内モード

実は便利な「機内モード」

「海外でどんな設定にしておけばいいのかわからない!」
「とにかく不安だ!」
という方は、「機内モード」にしておくと安心です。

機内モードにすると、
   ・音声通話
   ・データ通信(モバイルデータ通信・パケット通信)
   ・Wi-Fi
   ・bluetooth
が、一旦オフになります。
このうち、Wi-Fiとbluetoothは、機内モードのままでも利用することができます。
機内モードに設定後、個別に設定をオンにしてご利用ください。
海外滞在中、FREE Wi-Fiだけを利用するつもりの人は、ずっと機内モードにしておくのが楽でいいかもしれません。 

これで、海外でも安心してスマートフォンが使えます!
日本に帰ってきてから悲しい思いをしないように、最後まで楽しい思い出となるように、
手間を惜しまずしっかり準備してから飛び立ちましょう。

フィリピン留学 クラーク
author: 小島 杏奈