GOPR0974

現地スタッフ目線!週末にぜひ行ってほしい場所!

皆さまこんにちは、フィリピン留学クラークBIGTREEイングリッシュの現地スタッフでございます☆

もう12月も中旬に差し掛かりまして2019年も見えてきましたが学校はというと休暇をとってお越しいただける生徒さんたちで大変にぎわってきています。特に韓国では、1月は、まるまる休みらしく個人の生徒さん、団体さんそして親子留学の生徒さんの受け入れを予定しています☆

さて本日のお題は、現地スタッフが全力でおすすめする週末に行ってほしい場所の紹介でございます。留学のメインは、もちろん英語を学ぶということではあるかと思いますがせっかくのフィリピンという異国の地へ来るわけですのでその週末は、クラスメイトさんたちと色々なところへ行くべきだと思います。そこで現地スタッフが有意義な週末をすごしていただけるように生徒さんからの評判も含めて厳選したおすすめの場所を紹介いたします!

 

SAM_0702

ナヨンフィリピン(Nayong Pilipino) フィリピン民族村

BIGTREEイングリッシュから徒歩で15分のところにナヨンフィリピンはあります。まずは、ここへ行っていただきたいです。なんといってもコスパがよく入場料150ペソ(300円ほど)で3時間ほど十分に楽しめます。

ナヨンフィリピンは、日本で言うところの民俗村で大昔フィリピンで使用されていた住居やフィリピン独立の革命家である歴史上のヒーローホセ・リサールの住居などが展示され実際に中に入って見学することができます。その他、先住民族(アエタ)もそこのスタッフとしてダンスを披露してくれたり写真を一緒に撮ってくれます。

またなんといってもそこで毎日開催される民謡ダンスショーは見ごたえがありぜひ皆様に観ていただきたいです。午前11時に一回と午後13:30からもう一回ありますが個人的に午後の部のほうがエネルギッシュなダンスが多くおすすめです。

実は、ここクラーク経済特区は、フィリピン人であれば一度は来てみたい治安の安定した観光スポットなのです。ナヨンフィリピンは、そのツアーに組み込まれるスポットになっています。例えばマニラからの修学旅行でたくさんの学生さんたちが来ているところを良く見かけます。そんな観光スポットが学校から徒歩圏内にあるとなればまずは、そこへ行ってほしいなって思います。

(予算目安:150ペソ)

 

SAM_1535

IMG_20180516_084137

パレードグランド(Parade Ground)

徒歩で20分から30分ほどで到着することができます。1991年までアメリカ軍が演習でそこを使用していました。今は、サッカー・野球・クリケットやフリスビーなどフィリピンの人たちが運動をするための憩いの場所になっています。

そのサイズは、おそらく日本ではなかなか見ることができない巨大なものです。芝生も定期的に刈られ綺麗ですしアカシヤの木やマンゴーの木が植えられた木漏れ日がさすその並木道は、ウォーキングスペースになっておりそこでのエクササイズをおすすめします!実際、早朝深夜問わず多くの方たちがジョギングだったりウォーキングで汗を流しています。

また良くこの広大なスペースを利用してスポーツイベントやフェスティバルなどもしています。最近では毎週末金曜から日曜日までナイトフェスを開催し沢山の屋台を出店したりバンドによる生演奏をしており多くの人たちがにぎやかに楽しんでいます。

BIGTREEイングリッシュへ来る際は、ぜひジョギングウェアなどを持参してくださいね。

(予算目安:0ペソ〜300ペソ※移動代を含みます)

IMG_3311

クラークミュージアム(Clark Museum)

パレードグランドから目と鼻の先にクラークの歴史を学べるクラークミュージアムがあります。実は、第二次世界大戦時に日本は、フィリピンに攻め込み沢山のフィリピンやアメリカの兵隊その捕虜を死なしてしまいました。そんな歴史を持っています。

また神風特攻隊も丁度クラークのあたりから出撃したということでそれを記念する場所もあり見学することができます。(クラーク経済特区の外)。

クラークミュージアムの中には、そのころの日本軍の兵隊の服だとかヘルメットなどたくさんの展示がされています。外には、日本軍が使用していた大砲などの展示もあります。日本とフィリピンとの歴史を知る上で行っておきたい場所の一つです。

また当ミュージアムには、4Dシアターがあり約20分ほどのクラークの歴史映画を見ることができ意外に楽しむことができます。入場料200ペソですがBIGTREEイングリッシュの学生証を提示すれば無料で入場できます!

(予算目安:200ペソ~500ペソ※移動代を含みます)

IMG_3346

エルカバイヨ(El Kabayo) 乗馬場

乗馬場も徒歩20分ほどで近くにあります。乗馬をしたい人はぜひ!あまり興味のない方も一度は、試してください。私もあまり興味がなかったのですがすごく楽しかったです!馬に乗って移動するという体験は非常に有意義でした。

15分250ペソからありますが、コースの距離が長くなり広くとったその敷地をしっかり堪能できる30分450ペソのコースがいいと思います。

スタッフへお願いすれば乗馬している私たちの写真をたくさん撮ってくれるのでこれもナイスなポイントでございます!

エルカバイヨが運営している同敷地内にあるレストランも地元の人たちに人気な穴場スポットになっています。日中は、日差しが強いので3時過ぎに行き乗馬を楽しんだ後にそのレストランで夕食をして帰るっていうプランもきっといい思い出になるでしょう。

 

(予算目安:250ペソ〜1000ペソ※移動代を含みます)

IMG_1714

ショッピングモール(SMモール&Marqueeモール&Nepoモール)

クラーク周辺にある3大ショッピングモールのSMモール、Marquee(マルキ)モールそしてNepo(ネポ)モールにぜひ行ってくださいね。フィリピン人は、本当にショッピングモールが大好きで平日週末問わず沢山の方たちがそこへ集まります。家族だったりカップルだったり様々な方たちが楽しみにきます。ブランドショップなどはもとよりスターバックスはじめ多くのレストランまたボーリング場や映画館などなど一日では、物足りないと感じること間違いありません。

3大ショッピングモールのうち学校から一番近いのがSMモールですのでまずは、そちらへ行くことをおすすめします。とはいっても入学時に両替や生活必需品を購入していただくために日本人スタッフがお連れすると思いますので楽しみにしていてくださいね。

マルキモールとSMモールは、大きさやコンセプトは似ていますがマルキモールのほうがセレクトショップがたくさん入っていてブランド品の色々なデザインの品を観ることができたりしますので少し離れたところにありますが個人的にはこちらのほうが好きです。皆さまは、いかがでしょうか?ちなみにマルキにも映画館は、入っていますしたくさんのレストランやカフェもあります。

Nepo(ネポ)モールには、ブランド品のレプリカが所せましと販売されています。フィリピン含め東南アジアと言えばそのようなレプリカが良く売られているというイメージを持っているかたもいるかもしれません。このNepoモールの周辺は、たくさんの路面店など大きなマーケットが広がっていて特に夜は、ナイトマーケットとしてさらに大きなものになります。美味しいレストランなんかもたくさんありますのでフィリピンを感じたい!なんていう方には、おすすめですし一度は、行ってみてほしいですね。

 

(予算目安:30ペソ〜600ペソ※移動代のみ)

IMG_2696

スービックカマヤンビーチ(Subic Camayan Beach)

BIGTREEイングリッシュから一番近い海がスービックカマヤンビーチです。スービックも経済特区内に位置し学校からカマヤンビーチはその経済特区内で高速を使い1時間45分ほどで到着します。

カマヤンビーチは、リゾート施設ということもあり砂浜は、綺麗に整備されていますし海もきれいで潜ると沢山のトロピカルな魚に遭遇できるビーチとしても有名です。

またバレーボールやシュノーケリングなどでも楽しめます。(追加料金) レストランもありますのでそこで昼食や夕食をとりながらくつろげばストレスフリーの最高のひと時を味わえること間違いありません!

(予算目安:1000ペソ〜2000ペソ※移動代を含みます)

IMG_3880

マニラのイントラムロス(Intramuros)

BIGTREEイングリッシュがあるクラークは首都マニラがあるルソン島の中心部にありマニラまでスムーズにいけば2時間前後で到着します。

マニラに目を向けるのであればなんといってもイントラムロスです!イントラムロスは、16世紀にスペインによって建てられた首都マニラの最古の地区です。かなり広いその場所は、なるほどスペインぽい建物がたくさん建ち並んでおります。またその中には、スターバックスをはじめおしゃれなレストランだったりホテルだったりが入っておりその現代との融合がなんとも言えないリラックスできる雰囲気を作っています。

そしてここに行ったらまずは、そのイントラムロス内にあるサンチャゴ要塞とマニラ大聖堂を楽しむのがいいかなと思います。サンチャゴ要塞は、フィリピンの革命家ホセ・リサールが処刑2カ月間投獄されていた場所でありその記念館もあり歴史について学ぶことができます。

それと1000ペソほどで5人乗りの馬車観光ができます。イントラムロスはかなり広いです。徒歩で見学するとなるとかなりの時間がかかると思いますのでその馬車を使用したほうが効率よく楽しめること間違いありません。

 

(予算目安:1500ペソ〜2500ペソ※移動代を含みます)

IMG_5897

世界三大夕日に指定されたマニラベイの夕日

マニラベイの夕日は、世界三大夕日の一つに認定されています。(釧路とバリ島) マニラへ片道2時間ほどで到着するとなればいかない手はないでしょう。

マニラベイへ出るためにモールオブアジアという大きなショッピングモールからその海側の出口を出てください。マニラベイは、すぐ目の前でたくさんの人たちが毎日その夕日を見に訪れていまのでそのスポットもすぐ分かると思います。

わたしも一度行きましたがそれは見事なサンセットでございました。雲の状況によって空の色が変わります。マニラのその夕日はその日でしか見せない空の顔を皆さまだけにお届けするのです。

またモールオブアジアは、SMグループの中でもっとも大きいモールになりショッピングしたい方には、たまらない場所です。日中は、ショッピングに集中して夜は海沿いのレストランでそのサンセットを観ながら夕食を楽しむことができたら最高のひと時になるでしょう!

 

(予算目安:1000ペソ〜2000ペソ※移動代のみ)

IMG_6586

バギオ観光

バスで5時間ほどかかり少し遠いですがバギオには、留学中に一度は、行ってほしいです。

標高1500メートルなのに沢山の人々が住み天空の都市と言われているバギオには、日本では見れないような見所がたくさんあるからです。まずは、なんといっても山々の傾斜に建てられた沢山の家の景色がさながらファンタジーアニメにでも出てきそうな景観であり見ごたえがあります。

その他、ナイトマーケットやバギオを一望できるマインズパークなど活気のあるその山奥の町への旅行は、一生わすれられないものになるでしょう。。

行くのであれば1泊か2泊十分に時間をとって行った方が楽しめると思います。

(予算目安:1000ペソ〜3000ペソ※移動代を含みます)

GOPR0938

パラワン島エルニド観光

世界中の人たちが憧れる島それがパラワン島です。そのパラワン島へ学校から4分で行けるクラーク国際空港の国内線を使用してたった1時間で到着します。

パラワン島の特徴は、そこには、手つかずの自然がたくさん残っておりエメラルドグリーンの海面から突き出したその奇岩が神秘的な景観を造っており一度訪れたら魅了されること間違いないです!

またスノーケリングやカヤックなどが楽しめる島めぐりツアーなんかも現地で受け付けている。クラーク国際空港から往復7000ペソほどで行けるのも魅力の一つ!

すでにたくさんの生徒さんがそこへ旅行に行っておりその満足度は、かなり高いこと実証済みです。留学生にとっては、少し値段が高いかもしれませんがその値段以上のものを経験できるのは間違いなしです。

 

(予算目安:10000ペソ〜25000ペソ※移動代を含みます)

 

以上、現段階でわたしが生徒さんにまずは、行ってほしい場所を紹介しました。もちろんこれは現時点での情報でありわたしの今後の旅によってはおすすめしたい場所も増えるでしょうしまだまだたくさんの見所がクラーク周辺にはあります。詳しくは、皆さまがBIGTREEイングリッシュへお越しいただいた時に紹介させていただきますので楽しみにしてくださいませ^^

平日は、英語と格闘し週末は、思う存分フィリピンを楽しめるそんな皆さまであることを願っています☆